プランを選ぶ

歯の定期健診というものが歯科では行われており、最近それを利用する人が大変増えてきています。
歯医者というと虫歯などがある際に処置を受けるという認識でしたが、最近では虫歯の有無に関わらず、処置を受けるに定期健診が利用されています。
それは、数か月、半年、1年に1度の間隔で、歯医者に自信の歯や歯ぐきの状態をチェックしてもらいます。
またチェックしてもらい、虫歯の有無、歯周病の有無、歯石の除去などを行ってもらいます。
定期健診で様々な検査を受けることで、毎日の歯みがきの仕方が歯の健康状態にとって正しい方法なのか知ることができます。
歯磨きをしていても歯石があるとそこから虫歯につながります。
正しい歯磨きの仕方、歯ぐきの手入れ方法などを知り、問題を解決できます。

歯に悪い部分がないのに、歯科からの処置を受けるのに抵抗がある人がいるかもしれませんが、定期健診を受けるメリットはいくつもあります。
第1に歯、歯ぐきの病気に気がつくことができる。
虫歯や歯周病などは、気がつかないうちに進行していることが多いです。
自覚症状が起こってからでは、時間のかかる処置になっていることがほとんどです。
定期的に受診をすることで、早期発見し、処置を行うことが可能となります。
第2に、自分の歯の状態に適した歯磨きの仕方を知ることができます。
歯科には、歯医者だけではなく、歯科衛生士、歯科助手の方などもみえます。
1人1人によって歯並びは異なります。
そのため、同様の歯磨きの仕方をしていても磨き残しが残ります。
自分の歯並びに適した手入れの方法を指導してもらえます。