地域で受けられる

歯の健康を維持することは体の健康の維持に直結します。
例えば歯周病などで歯を失い、食事の際にしっかりと噛むことができなくなると消化器系に負担が掛かります。
また良く噛んで食事をすることでじっくり時間を掛けてゆっくり食べることに繋がり満腹中枢を刺激して食べ過ぎの予防にもなります。
肥満になるリスクも減り、それによって高血圧や糖尿病になりにくい体を作ることも可能です。
認知症に効果があることも解明されています。
咀嚼によって唾液がしっかりと分泌されることから歯周病の予防にも繋がるのです。
しっかりと咀嚼をすることで多くのメリットがあります。
歯の健康を保つことができ、歯の健康を保つことで様々な病気の予防に繋がっていきます。

今後は歯周病予防や改善の治療が注目されると予想されます。
歯周病は様々な病気を引き起こすリスクがあると考えられています。
例えば歯周病菌が血液中に流れ込み、心臓の内膜に付着すると、心筋梗塞や狭心症などの心臓病を引き起こしてしまうリスクがあるのです。
悪化した場合は死亡してしまうこともあります。
様々な重篤な病気の予防のためには、歯の健康が大きく影響していることから、歯周病にならないためには、どんな工夫が必要なのかなどの研究が進められていくと思われます。
タバコが歯周病のリスクを高めることは既に知られている事実です。
特に体の健康に大きく影響する歯周病にならないための対策が広くアピールされていくことでしょう。